マニアガイドは東京・首都圏のオナクラ(オナニークラブ)、手コキ、M性感、痴女、レズビアン、SM店などM男様、S男様、変態さんの為の、マニアックなお店を紹介しています。

マニアガイド
当サイトはマニア系性風俗を紹介する風俗マニア情報ページです。
18歳未満の性風俗店への立ち入りは固く禁じられています。
18歳未満の方のご入場は固くお断りいたします。
18歳未満の方はコチラから退室してください。
マニアガイド!
 マニアガイドは特別な性癖を持つ人のためのマニア限定の風俗マニア情報サイトです。風俗オナニークラブ・手コキ・痴女・M性感・ソフトSM・ハードSM・ドライオーガムス・男の潮吹きなどマニアックなプレイを楽しめるお店を紹介しています。誰でも持ってるマニアな一面を徹底サポートいたします。今までの風俗に満足していない方!このマニアガイドで是非、お気に入りのお店を見つけてください。M男さんからS男さん、変態さんまで納得の充実した内容です。
オナクラとは!
 オナニークラブ、オナクラとは、個室内で男性客がオナニーする様子を女性スタッフに見てもらう風俗店の一種。女性スタッフは基本的に着衣のまま見ているだけで、ファッションヘルスのように女性スタッフから男性客への性的サービスは無いものとされる。草創期の一時期、「プラトニッククラブ」を略し「プラクラ」と呼称されていたこともある。客から店員へのタッチは無く、客がオナニーする様子を女性スタッフに見てもらうだけであり、女性スタッフも着衣のまま裸にならず会話などほかは何もしないのが基本であるが、店舗によってオプションサービス(有料・無料)に様々な工夫が凝らされている。のぞき部屋やアダルト系ライブチャットでは女性のオナニーを鑑賞できるが、オナクラでは客が自身のオナニーを見せることがメインであり、相互に鑑賞することも可能である。「見るだけ風俗」などとよばれ普通っぽい子やアイドルっぽい子を集めている。
M性感とは!
 M性感とは、男性が女性(痴女・女王様)に責められる、受身型性感風俗です。SMクラブほどハードではなく、M(マゾ)の男性にとっては最高のサービスです。ランジェリー姿もしくはオールヌードの痴女に目隠し・拘束され、淫語・言葉責めされながらアナル前立腺を刺激されたり、ローションで手コキ・足コキされる。基本的に女性へのタッチはNGです。(お店によってはヘルスのように全裸になったり、フェラチオがあります)アナルプレイをするときは、ペニスバンド、エネマグラ、アナルバイブ、アナルパールなどをしようします。ゴム製の指サックで直接指で前立腺を刺激したりもします。ガーゼ亀頭責めのためのガーゼとローション。拘束ロープや目隠しが一般的です。お店のサービスや女性によってはSMプレイのための道具(縄やロウソク、鞭など)も使います。
痴女とは!
 痴女(ちじょ)とは、猥褻行為を好む女性を指す俗語の一種とされ、元々は性風俗業界の造語とも言われている。痴漢の「漢」(男性)の対義語「女」を用いた概念である。女性が、満員電車の混雑した所や暗い夜道など人気のない所で、相手の意に反して近づき体に触ったり、自分の性器を触らせる・性的な猥褻行為をする。相手の男性と合意の上で体にさわる時は痴女とはみなされないが、擬似的にそのような「プレイ」を行うサービス(性風俗産業における商品)も存在する。なお、男性が同種の猥褻行為を犯す場合は痴漢という。一般にはイメージクラブ等の性風俗店において、演技として行われる。男性が性行為の主導権を持つケースが多い所を、女性が主導権を持ち、積極的にプレイを進行する。男性側が完全な受け身であることを条件にあげるものや、男性に対する制裁やいじめ・稜虐行為を伴うことを条件にあげるもの、女性による一方的な性的言葉責めを条件にあげるものと様々である。集団で男性1人や人数に劣る男性陣を女性陣主導で擬似的に犯していく集団痴女というジャンルも確立している。
SMとは!
 SMとは、サディズムおよびマゾヒズム的な性的嗜好に基づいて行われる倒錯的プレイ全般、ないし同プレイを含む文化様式(サブカルチャー)群の総称である。一般的には、サディズムとマゾヒズムが独立した性的嗜好であるように見られる傾向もあるが、実質的にはコインのように表裏一体のものである、プレイの一環として実情は人道に反するような性質は無い。SMは、加虐嗜好の「サディズム」(sadism) と被虐嗜好の「マゾヒズム」 (masochism) が組み合わせられたサドマゾキズム (sadomasochism) の略語である。日本ではSMをそのままエスエムと読むほか、サドマゾということも多い。性風俗や性の文化としてのSMの場合は一種の倒錯プレイ(何かの役割を演じることで性的興奮を得る様式)として行われるものが主となっており、これは「抑圧の解放」などといった意味付けも見られ、非日常的な行為を体験することと解される。この中ではボンデージなどといった独特のファッションスタイルも見られ、非日常性を演出する傾向が見られる。日本では俗に「緊縛」と呼ばれる縄で縛り付ける行為、この緊縛にも「緊縛師」と呼ばれる専門家が存在する、「ソフトSM」と呼ばれる行為では「手を(軽く)縛る」や「目隠しをする」といったプレイ、それを含めると潜在的愛好者層は相当数にのぼると見られている。日本では羞恥プレイや緊縛プレイといったジャンルのポルノ媒体も相当な比率を占め、愛好者層の幅の広さも伺える。性風俗におけるSMでは双方同意のうえで「叩いたり、叩かれたり」といった行為が行われ、深刻な負傷を発生させないよう抑制された暴力、擬似的暴力である。「ハードSM」と呼ばれるものでは「鞭打ち」や「ロウソク責め」、性器ピアスを取り付け乱暴に引っ張る・性器が原形を留めないほどに弄り回されるプレイもある。 SMの行為に参加する者たちが、主人の役割を演じる者と、奴隷の役割を演じる者に分かれ、合意のもとに性的な快楽を得ることを目的としてSMの行為を行う。主人が奴隷を責める方法には、文化的・民族的な趣味嗜好の違いがある。道具や準備が簡単な方法では、主人が奴隷を叩く、つねる、殴る等して肉体的に責める、または罵倒する。むちやろうそく、ロープなどの道具を使って奴隷を肉体的に責める。日本では、古くから伝わる緊縛の技術が、SMの行為によく取り入れられている。緊縛とは、奴隷の体をロープなどで縛って身動きがとれないようにする。 痛い責めのほか、精神的な恥辱を与える責めもある。主人が奴隷を罵倒するような言葉によって相手を責める。奴隷に、普段なら人前では見せないような、羞恥心を煽る恥ずかしい恰好をさせる。奴隷に、排泄をさせたり、主人が奴隷に向けて尿をかけたり、尿を飲ませたりする。 男性と女性という異性愛者間のほか、男性同性愛者間や、女性同性愛者間のSMもみられる。SMを行うのが一人対一の場合のほか、多人数で行うことも、1人で行うこともある。
レズビアンとは!
 レズビアンとは、女性を好きな女性のこと、あるいは女性同士の同性愛のこと。女性を性的あるいは恋愛的に好む女性のことであり、また女性同士の同性愛のことを示す。基本的にレズビアンも受け身のネコと責め派のタチに分かれる。異性とのSEXとそう変わらない。前戯が長い、ローター、バイブ、ペニスバンドの使用、男性はあまりしない貝合わせという体位、エンドレスでできる。